everything-al

4月にハワイ行ってきましたー!レポ中でーす。
<< ホテルに悩む。 | main | 汗をかこう!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大好きな場所。
前もどっかで書いたかも、だけど
わたしはロイヤルハワイアンの中庭が大好き。

あの青々とした緑の空間と、吹き抜ける風...。
それがたまらなくスキ。
とても静かだしまさしく天国ですな。超ヘブンリー。

宿泊者でもないくせに、大抵アバサでのロミロミの後
(真昼間のアバサのジャグジーもスキ。太陽光がめいっぱい入ってくるの)
ここのベンチでぷわ〜っとした時間を過ごすのが至福のとき♪

そんなRHな空間を、むさくるしい日本でも味わえるかも〜
ってなブツをハワイで購入してきました。
 

どうどう?
写真キレイに撮れなかったんだけど
わたしの大好きなRHの中庭のヒトコマがそのまま絵に!!

  アイランドトレジャーズで購入。
  はじめからお部屋に飾る絵みたいなのが
  欲しいなー、って乗り込んだの。
  結構レトロな広告ちっくなミニポスター
  的なのが豊富だったんだけど
  その中でもこれはハワイ感ありあり!
  しかも大好きなRH中庭!!
  買わない理由がないよ〜っ。
  一応(ホントかどうかわからんけど)
  木枠はコアウッドらしい。
 お会計のときに
 “ホントにコアウッドなの〜?”
 って聞いたら“オフコース!!!”って。
 だって$30しなかったんだもの〜。
 ま、旅の思い出として素直に信じることに。
 2005ハワイ、自分へのいちばんのおみやげです。
 

木々はホントに風に吹かれて揺れているみたいに
影があったりグリーンの色味が違ったり。
確かにリアル感があって、吸い込まれそうです。
ストレス抱えて帰ってきたとき、
この絵を見てピンクパレスにワープ!!しております(笑)
| al | HAWAII | 20:31 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:31 | - | - |
>
ピンクパレスとかハレクラニとか
そろそろ年齢的に泊まってみたいなぁって思う。

20代前半の頃とちょっと違った
過ごし方っていうかスケジュールも
その日の気分で決める日を一日作ったり。

ブログ、結局seesaaにしちゃった。
リンク変更済みです♪確認してね。
| さちえ | 2006/05/26 1:05 PM |

年齢的、にね♪
ハレクラニはホント夢だなぁ。
去年、泣く泣くあきらめたからもう絶対いつか行く!!

そんときはめいっぱいホテルライフを
楽しむんだ。
きっとお部屋とビーチの往復(笑)
外にはでたくないかもなぁ。

もう旅行に安さだけを求める時期は終わったんだろうね。
もちろん安いにこしたことはないけど
旅に出たときくらいは、時間や空間に投資したいって
思うようになったのはホントかも。
| al | 2006/05/26 9:02 PM |

はじめまして。
TBさせていただきました。
ピンクパレス、圧倒的な存在感で
いつか宿泊してみたいなと思いました。
そのときにはアバサのメニューも絶対!^^
| tatami | 2006/07/07 6:49 AM |

はじめまして♪
TBありがとうございました〜。

そうですね、あの存在感。
ただピンクが発してるものだけではなくて
ちゃんと歴史がありますもんね、うん。

わたしはアバサでは予約の1時間前に入って
存分にジャグジーするのが好きです。
さんさんと日光がはいってくるからすごく気持ちイイですよ。

あとでtatamiさんのところにも遊びにいきますね〜。
| al | 2006/07/07 12:30 PM |

コメントありがとうございます。
なるほど。。。
予約前に行ってジャグジーですか〜!
全然思いつきませんでした(^^ゞ
次回は是非これでジャグジーも満喫したいと思います。
| tatami | 2006/07/08 11:10 AM |










http://everything-al.jugem.jp/trackback/244
ロイアルハワイアンのアバサでロミロミ
「ロミロミ」(ハワイ式マッサージ) 「ロミロミを受けてみたい!」という同行者Hさん(男性です) のリクエストにより、夫と3人でロイアルハワイアンにある 「アバサ・スパ」に行ってきました。 大通りに面して
| コクアにっき hawaii report | 2006/07/07 6:56 AM |

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ